オリックス銀行カードローン申込みはネットから

借り入れランキングでも上位にランクインされているオリックス銀行カードローンへの申し込みは、ネットからのみになっています。
もしも、申込み前に分からないことなどがありましたら、オリックス銀行のカードデスクまで、問い合わせてみてください。

 

「利用開始までの流れ」

申込みフォームへ入力→受付メール配信・確認→ローン審査開始→本人意思確認→ローンカード発行→必要書類の提出→利用開始

 

まず、オリックス銀行の公式サイトへとアクセスし、用意されている「お申込みフォーム」に必要事項を入力していきます。
必要事項を入力し、送信を行うと、「受付メール」が、申込み時に登録したEメールアドレスまで届きます。もしも、受付メールが届かない場合には、登録アドレスの入力ミス、もしくは迷惑メール規制に引っかかってしまった可能性があります。ドメイン「@bank.orix.co.jp」を指定解除していただき、それでも受付メールが届かない場合には、カードデスクまで問い合わせ願います。
受付メールには「Eメールアドレス確認用URL」が記載されています。こちらをクリックし、受信確認をしてください。すると、審査結果などの通知が、登録アドレスに届くようになります。

 

それから、ローン審査が開始されます。審査完了後、受信確認を行ったアドレスまで結果通知が届きます。もしも、受信確認が行われていない場合には、電話、もしくは書面での通知となります。
審査に無事通過となりますと、本人の意思確認へと入りますので、申込み時に登録した連絡先まで電話が入ります。そこで、「本人確認」・「申込み内容確認」が行われるほか、勤務先へと在籍確認が行われることになります。
(※勤務先への在籍確認は、周囲にカードローンの申込みであることが知られないように配慮されていますので、ご安心ください。)

 

これらも無事に済みますと、ローンカードが発行され、自宅へと送付されますので、その間に必要書類の提出を済ませるようにしましょう。
必要書類は契約内容により若干の差異がありますので、下記の表でご確認ください。
書類提出は、申込み時に登録したパソコンのEメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が記載されたメールが届きますので、こちらを利用します。
必要書類はスキャナか、携帯やスマートフォンなどを利用し、画像データにしてアップロードを行ってください。

 

こうして、必要書類の提出も済みましたら、ローンカード到着後より、ローンカードを利用することができるようになります。
融資希望手続きは、ローンカードをATMに挿入し、行うこともできますが、ネット上でメンバーズナビにログインして、行うこともできます。

  該当書類(提出は、いずれか一通で良い) 備考
本人確認書類 ・運転免許証、又は運転経歴証明書
・各種健康保険証
・日本政府発行のパスポート
・在留カードまたは特別永住者証明書
提出が必須です。

※各種健康保険証…通院歴の記載は、ご家族分も含め、塗りつぶした上で提出してください。
※日本政府発行のパスポート…顔写真入りのページと所持人記入欄(氏名・住所)のページを提出してください。
所得証明書類 @お勤めの方
・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)
A個人事業主・会社経営の方
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)
原則として、利用限度額が300万円を超過する場合には、所得証明書類の提出が必須です。
ただし、審査結果により、300万円以下の場合でも所得証明書類の提出を求められることがあります。

※確定申告書…税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は、申告書の写しと受信通知が必要になります。

※審査結果により、上記以外の書類提出が必要となる場合もあります。
※現住所が、裏面に記載されている運転免許証・各種健康保険証の場合は、両面(表・裏)のコピーを提出してください。
※上記以外の本人確認書類を希望する場合には、法定書類でなくてはいけません。詳細につきましては、カードデスクまでお問い合わせください。
※提出した書類は返却されませんので、あらかじめご了承ください。
※外国籍の方で、通称名による取引を希望される場合は、別途届出書類が必要となります。カードデスクまでお問い合わせください。

お借入れもご返済もネットでラクラク

オリックス銀行カードローンの利用方法は、以下の通りです。

借入方法 @指定口座への振込みによる借入
A提携金融機関のATMによる借入
返済方法 @指定口座からの口座引落しによる返済
Aオリックス銀行カードローン指定口座への振込みによる返済
B提携金融機関のATMによる返済

※一部の金融機関では、口座引落しによる返済を利用することができない可能性があります。契約時にご確認ください。

 

「借入方法について」

オリックス銀行カードローンでは、もちろんATMにローンカードを挿入し、お金を借り入れることもできます。
ですが、それよりも楽で、重宝すると、「指定口座への振込融資」に人気があります。

 

指定口座への振込融資は、融資をお願いしたいときに、パソコンやスマートフォンに携帯などのインターネット端末から、メンバーズナビにログインして、手続きを行う方法があります。ほかにも、電話での手続きも可能です。

 

振込融資を利用するために設定が必要な「登録口座」につきましては、申込時に必ず登録しなくてはいけないものなので、そちらの口座を利用して、振込融資をしてもらう場合には、特に改めての設定は必要ありません。
ただし、この登録口座を変更したい場合には、書面での手続きが必要になります。
また、登録口座とは別に「振込専用口座」を設定することもできます。
利用方法はさまざまですが、登録口座への融資金は生活費に利用し、振込専用口座への融資金は趣味・娯楽費用として利用するなどの使い分けも可能です。
振込専用口座の設定は、書面不要でメンバーズナビ上で登録することができます。

 

振込み時間は、回線状況、それから金融機関によって異なりますので、こちらの表でご確認ください。

振込先金融機関 曜日 手続き受付時間 振込時間
ジャパンネット銀行宛 平日 0:10〜23:50 即時
土・日・祝日
その他銀行宛 平日 0:10〜8:40 即日9:00〜10:00
8:40〜15:00 即日
15:00〜23:50 翌営業日9:00〜10:00
土・日・祝日 0:10〜23:50 翌営業日9:00〜10:00

※システムメンテナンスのため、毎日3:00〜4:10の間は、振込融資を利用することができません。
※電話での申込みはカードデスク(0120−890−699)になります。受付時間は、平日の9:00〜18:00です。12月31日〜1月3日は定休日のため、利用することができません。

 

「返済方法について」

まず、返済には期日が定まっています。申込時に「毎月10日」、または「月末日」のいずれかを選択することができます。

 

返済方法としては、「口座引落し」が返済忘れの可能性もぐっと低くなりますので、おすすめです。ただし、以下の金融機関では、口座引落しの利用ができませんので、ご注意ください。
・ゆうちょ銀行
・商工中金
・農林中央金庫
・オリックス銀行
・セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネット系銀行
・シティバンク銀行等の外資系銀行

 

口座引落しですと、通常は毎月の最低返済額が自動的に引き落とされることになりますが、増額返済を行うことも可能です。
増額返済の手続きは、メンバーズナビから簡単に申し込むことができますので、ぜひご利用ください。

 

また、振込みによる返済も可能です。
提携ATMからの振込み返済の場合には、ローンカードを利用して振込みを行います。
返済専用口座への振込み返済の場合には、メンバーズナビにて専用口座を確認することができますので、そちらの口座まで振込みを行います。

 

「ATMについて」
利用可能な提携ATM数は全国89,000台以上です。手数料は、借入・返済ともに終日無料となっており、1,000円単位の借入が可能となっています。

 

提携ATMは以下の通りです。
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・西日本シティ銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行
・ファミリーマート
・ミニストップ
・スリーエフ
・ポプラ
・イオン
・ローソン
・デイリーヤマザキ
・セーブオン
・コミュニティストア
※中には、ATMが設置されていない店舗や提携先以外のATMが設置されている場合もあります。